MENU

Wi-Fi中継機からメッシュWi-Fiへ変更しました

3階建ての家で3階部分に光回線があり、1階のWi-Fiが繋がりにくいとのことで、2018年くらいにバッファローの中継機、WEX-1166DHPS/Nを設置しました。その後、まだ、繋がりにくいとの事で、2019年にバッファローの中継機WEX-733DH/Nを設置したという経緯がありました。

今回、まだ、繋がりにくいとの事で、メッシュWi-Fiという仕組みの物に交換しました。

中継器の場合、例えば3FのWi-Fiと接続になると、1階に移動し電波が弱い状態でも電波を受信している限り、電波が弱いままでの接続になります。そのような場合、手動でWi-Fiを切断し、中継機のWi-Fiに繋ぎなおすという事も必要になってきます。ただ、そういった事はよく理解されておらず、環境を上手に活用できていない部分もありました。

その為、今回、メッシュWi-Fiという仕組みの物への交換をいたしました。

メッシュWi-Fiは下記を参照ください。TP-Linkさんの説明です。他のメーカーさんの方がわかりやすい部分もありますが、今回はTP-Linkさんの商品の為↓

交換した機械は TP-Link Deco X20、Wi-Fi6にも対応しています。

「TP-Link Tether」というアプリを使用し管理、設定します。

設定画面等は割愛させていたきますが、1階でも十分な速度が出る状況になりました。

このルーターの設置、2度目ですが、どちらの環境でも十分な効果、満足度が得られています。

メッシュWi-Fiが組めるルーターはまだ少し高い感じがありますが、中継機より断然いいとおもいます。

目次
閉じる